2020.09.03
COLUMN
【受賞者インタビュー】佐田岬の『風』が、ぜんぶ導いてくれた

2019年にグランプリを受賞した「風凛」作者、ANiU cafeさんにお話を伺いました。

----------

   作品のタイトルにもあるように、『風』をキーにして構成しました。

 

手に取った平べったい石も、踏みしめている大地に生えている草花も、全て風が運んでくれたもの。

地形といい、この佐田岬は風の恩恵を受けて作られている場所なのだと強く感じます。

 

この地に住んで遊ぶということはどういうことか?ここで生活するとしたら、どう楽しむだろうか?という点を想像しながら、この動画を撮りました。

 

 

初めて佐田岬を訪れた時は、ゴウンゴウンと回っている風車の大きさに驚きましたね。

これは実際に近付かないと、あのスケールは分からないでしょう!

 

超大型の風車に対して、手に持てる小さな風車も用意することで、大きさの対比や親子感を演出しました。

 

親子といえば、この作品に登場しているのは、私の家族と親戚です。

子どもと生きた証を残そうとして映像を撮っている私にとって、この受賞はかけがえのない、とても嬉しい思い出の一つになりました。

 

 

 

作品内で子どもが「えーっ!?」と叫ぶシーンがあるのですが、あえて何を見たのかについて描写していません。

 

これは私なりの「自分の目で見ないとわからない、ワンダーは至る所にあるよ」というメッセージです。

佐田岬には、まだ目にしたことの無いワンダーがたくさんあります。

 

皆さんがどんな視点で佐田岬を切り取って魅せてくれるのか!?とても楽しみですね!

 

 

佐田岬ワンダービューコンペティション2019

グランプリ『風凛』はこちら

https://www.youtube.com/watch?v=LpUFVc8M9yA